s 二重施術の種類とそれぞれの特徴【若い女性に人気の整形方法】

二重施術の種類とそれぞれの特徴【若い女性に人気の整形方法】

基本知識と埋没法の特徴

カウンセリング

整形前に知っておくべき事

埋没法により二重にする手術は比較的簡単だと言われています。そこで埋没法により整形手術の特徴や、術後の経過について話を進めていきます。整形手術というとメスを入れたり、注射をしたりするイメージを持っている人が多いようです。しかし、この手術は糸を使って行われます。髪の毛より細い糸で縫って止めることで形を整えます。縫う個所は目の裏側ですので、術後に目立つこともありません。また、縫っているだけですので、術後に思った目の印象にならなかった場合や、似合っていないと感じた場合は、元の目の形に戻すことが出来る点にも特徴があります。他にも費用が安くできるという特徴もあります。メスを使わない分、時間や手技に時間がかかりませんので、その分価格が安い傾向にあります。安く二重に出来るので、若い女性には人気のある整形の一つとなっています。また、炎症が起こりにくい点も特徴です。使っている糸が非常に細いものですかた、目の炎症を抑えされます。もちろん全く腫れないわけではありませんが、腫れた場合でも一般的に3日程でひいていくと言われています。術後は感染や炎症などのリスク削減のため、3日程はメイクが出来ません。しかし、一週間ほどで整形と変わらないメイクや生活が送れるようになり、1か月程で手術した箇所が馴染んできます。1か月程の短い間だけ眼鏡をしたり、いつものメイクを変えたりして、カモフラージュをすれば整形したことを周りに気づかれなくて済むというわけです。仕上がりも傷などもナチュラルに仕上がる術式なので、安心して受ける事が出来ます。二重まぶたにはいくつかの種類があります。人間一人一人に顔や体形、性格に個性があるように、目の形にも顔のバランスや印象によって合う合わない種類があります。そのため。自分に合った種類を知っておくことも、整形手術を受ける前には重要になっていきます。まず、奥二重という種類についてです。この形は、目のまぶたの奥に二重が隠れています。一見一重にみえますが、実は重なっているだけなので、一重よりも目の丸い印象になります。わざわざ整形してこの形にしようとする人はいないかもしれません。しかし、大きな目にするには抵抗があるが、今よりも目を自然な形で丸くしたい人に向いています。他にも末広がりタイプがあります。この形は目頭の幅はあまりありませんが、目尻に向かって二重の幅が広がっていくタイプです。文字通り末広がりに幅が広がっていくので、自然な目の形になり、すっきりとした印象を与えることが出来ます。また、日本人に一番似合うのはこの形だと言われていて、整形手術でも人気のあるタイプです。末広がりに対して、平行タイプもあります。これは、目頭から目尻にかけて同じ二重の幅がある目の形です。パッチリ、くっきりとした目になりますので、華やかな印象を与えます。欧米人にはこのタイプが多く、ハーフや大きな目にしたい人には人気がある形です。幅を浅くしたり、深くしたりするだけでも印象がガラリを変えることも出来ます。ただし、もともとの目の形によっては、目頭切開が必要となる場合もあります。このように種類によって、特徴や印象が変わってきますので、整形手術前にはよく医師と相談するようにして下さい。

顔に触れる女性

理想の目を作り出す方法

一重や目にコンプレックスがある人は、二重の整形手術を受けることをおすすめします。埋没法や切開法など様々な方法があり、なりたい二重の形状や目の形状によって、適切な方法は異なります。まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

目元

目の整形方法

二重を手に入れたいのならば美容整形を行う選択肢もあります。最近ではプチ整形と呼ばれるようなメスを使用しない手法もあります。メスを使用する切開法とメスを使用しない埋没法では料金も施術後の経過も異なります。

女性

目の見た目を変える方法

美容のために目を二重にしたい時はクリニックの手術を受ければ、短時間で自分のしてみたい形に変えられます。この整形手術の長所は数十分程度で終わる所と、費用が安くすむので大きな負担にならない点が優れています。

Copyright© 2018 二重施術の種類とそれぞれの特徴【若い女性に人気の整形方法】 All Rights Reserved.